国産家具 ティシュラー

オンラインショップ。通販のアイコン。


ティシュラーline

「Tischlerei(ティシュラー)」の公式サイトへようこそ!
温かみのある無垢の木を大切に使い、 長く愛される家具を熟練の職人が手仕事で造っている、 オリジナルデザインのナチュラルテイストの家具工房です。

第6話:(完) 色移り改善への道!ソファっていいな!

デニムWALD開発日記

第6話:(完) 色移り改善への道!ソファっていいな!

 

こんにちは。春陽気でポカポカして気持ち良い日が続きますね。

(と書きつつ今日は雨・・・(笑))

 

前回、「ある一定以上の色落ちを防ぐ」としましたが、では一体どの様にすれば今より色落ち&色移りを改善出来るのでしょうか?

そこで、加工工房様にお願いして、色落ちを考慮して再加工をお願いすることにしました。
「やはりココはプロに頼ろう‼( `―´)ノ」という訳であります。

丸投げではありませんよ!(焦)
今回、いろいろ勉強しましたが、一言で加工といっても沢山の種類があるんですね。
下記に記しますが、興味のある方だけ読んでください(笑)

 

———————————

【加工について知ろう!】

ウォッシュ加工
デニムの生地を人為的に洗い、穿きこんだような風合いを出す加工のことを指します。最初の生地状態だと堅いという特性がありますので、穿き易さを追究して生みだされた加工で、原点はワンウォッシュ加工となります。

 

ワンウォッシュ加工
デニムの洗い加工の原点であり、柔軟剤を入れて温水で洗うというのが一般的。他の洗い加工の前処理としても使われている加工。

 

ヴィンテージ加工
新品のデニム生地に古着感を出すために施す加工を指します。小石と一緒に洗濯機にかける方法、軽石などを使って手作業で加工を施す方法などの各種洗い加工、またはヤスリで削ったりする加工の総称。

 

ケミカルウォッシュ加工
ケミカルウォッシュ加工とは、次亜塩素酸ソーダなどの脱色剤または漂白剤などの化学薬品を使用して人為的に色落ちさせた洗い加工の一種となります。直接化学薬品を入れて洗うのではなく、軽石に脱色剤または漂白剤を含ませて洗うことで、軽石が生地に当たった部分だけが色落ちするといった手法です。

 

ストーンウォッシュ加工
以前は軽石と一緒に洗濯したジーンズのことをストーンウォッシュと言っていましたが、現在では軽石の他にセラミックを使用することがあります。職人が手作業で色を擦り落とす場合もあり、最もスタンダードなウォッシュ加工のひとつです。

 

ダメージ加工
要するに生地にダメージ感を加えるという加工で、ナイフやカッターで破ったり、穴を開けたりすることです。現在では各種ヴィンテージ加工の総称のような言語として使われています。

 

バイオ加工
セルラーゼ酵素等を用いて、天然素材である繊維表面の不要部分を微生物に食べさせて、繊維を柔らかく仕上げる加工のことで、色落ちさせる技術にも使われています。バイオストーン加工という呼び名がありますが、これはバイオ加工とストーンウォッシュ加工を合わせた加工となります。

 

ブラスト加工
砂類またはアルミナ(人工粒子)を圧縮空気(エアーコンプレッサー等)で生地の剥がしたい部分に吹き付けて、生地表面にダメージを与える技術で、長年使い込んだようなアタリ感、色落ち感、毛羽立ちなどを演出する加工です。

 

ブリーチ加工
ヘアーブリーチと同様の意味合いで、酸化剤や還元剤などを使って、強制的に色素を分解し、脱色させる加工です。薬剤に浸ける時間が長いほど脱色が進みますので、そのぶん生地の痛みも激しくなります。

 

※参考・・・MENZ COORDINATE MUST ITEMS様。
       cool-navi-cool 様。

———————————-

まだまだ他にも加工の種類はありますが、とりあえず。。。

加工工房様のお力をお借りして、ついに完成した製品がコチラ!先日届いたホヤホヤです!

デニムWALDカバー

詳しい加工方法は、企業秘密という事で!

やはり加工後は生地が縮むので、通常のカバーより最初は少し大きく作り、加工後にジャストなサイズになる様に調整します。

デニムカバーサイズ確認

 

心配していた色移り、最終的にはこの具合です。
(生地を2時間水に漬けて濡らし、白い布に20回強く擦った時)
写真でも分かる通り、完全な色止めは難しい為、お客様にはデメリットも含め丁寧に説明して販売していきたいと思います。

IMG_76201

 

 

完成したカバーにクッションを詰めて、ウッドフレームにセットして、、、、。
完成品を見て思わず「欲しい!」とテンションが上がってしまう素敵なソファが出来ました。(*^-^*)

ここで完成品の写真を紹介したいのですが、4月25日から始まるWALDフェアーで初お披露目なので、フライングするのはガマンします(笑)

 

ティシュラーの家具は、たくさんの職人さんや加工工房様、縫製工房様を始めとする皆さまの協力で出来上がっています。
これからも心のある家具を製造・販売して行きたいと思います。

 MADE IN JAPANが詰まったティシュラーのデニムWALDソファ、良かったらショールームまで見に来て下さいね。

また何か企画が始まったら日記を始めたいと思います。

 

ここまで日記を読んで下さった方、本当にありがとうございました。(*^-^*)

tankyou_img

 

ティシュラー